肌質によってケアを変えていく

お風呂上りなどには、化粧水から始まり、美容液を付けて、乳液を利用し、クリームをつけた後にパックをする。 これだけのケアを毎日続けている女性もいますが、肌の本来持っている力を失っている面もあることに気づいていません。 肌質をキープしたい気持ちも分かりますが、やり過ぎるとかえって肌を傷めてしまうのです。

肌は刺激を与えるとダメージに変わります。 そして、肌は常に成長していると思うようにしましょう。 もし何もしなかったとしても自然に肌質をあるべき姿にかえていく力があるのです。 改めてお風呂上りのケアについて考えなおしてみてください。

また、その日の肌質に合わせてケア方法を変えてみると効果がありますよ。 調子が良い時は、化粧水だけにしておき、しかも非常に少量にしておくと肌の力を強くします。 逆にニキビが目立つようになりそうであれば、美容液だけを利用するなど、肌と会話をするようなイメージがあれば、肌質も綺麗にキープすることができるでしょう。

ページ上部に戻る